【元記事をコミックナタリーで読む】

「第2回新潟国際アニメーション映画祭」の蕗谷虹児賞、大川博賞の受賞者が発表された。蕗谷虹児賞には「アリスとテレスのまぼろし工場」美術監督の東地和生、「君たちはどう生きるか作画監督本田雄、「かがみの孤城」脚本の丸尾みほ、大川博賞には「映画大好きポンポさん」を手がけたスタジオ・CLAPが選ばれた。

【大きな画像をもっと見る】

蕗谷虹児賞、大川博賞は昨年「新潟国際アニメーション映画祭」第1回開催に併せ、大川=蕗谷賞として創設されたもの。アニメーションの中でも技術職のスタッフやスタジオの業績を讃える賞で、ともに新潟県出身である東映動画の設立に携わった蕗谷虹児氏、東映初代社長の大川博氏の名前を冠している。

「第2回新潟国際アニメーション映画祭」は3月15日から20日にかけて新潟市内で開催。長編アニメーションのコンペティションを中心に、国内外の作品の上映やゲストを招いてのトークプログラムが行われる。

「第2回新潟国際アニメーション映画祭」

期間:2024年3月15日(金)~20日(水)
主催:新潟国際アニメーション映画祭実行委員会

「君たちはどう生きるか」ビジュアル (c) 2023 Studio Ghibli


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 sirabee.com)


本田雄さんの蕗谷虹児賞受賞、本当におめでとうございます!彼のアニメーション作品は常に独創的で斬新であり、これからもますますの活躍が期待されます。蕗谷虹児賞の受賞は、その才能が認められた証ですね。

<このニュースへのネットの反応>