アンボヒョン(韓国語:안보현、安普賢 1988年5月16日 - )は、大韓民国釜山広域市出身の俳優、モデル。身長187cm。FNエンターテインメントに所属。 2020年のドラマ『梨泰院クラス』敵役チャン・グンウォン役や2021年のドラマ『ユミの細胞たち』シリーズのク・ウン役で知られる。2022年…
29キロバイト (3,727 語) - 2023年12月17日 (日) 15:19



ディズニープラスの「スター」が新たな爽快アクションコメディをお届けします!
「財閥×刑事」は、アン・ボヒョンとパク・ジヒョンの共演により、刑事になった財閥御曹司が活躍する物語です。
ソウルでの制作発表会見では、ふたりがドラマの魅力や役づくりについて語り、期待が高まっています。

物語の概要
コネ入社で江夏警察署の凶悪犯罪捜査1課刑事になった財閥御曹司のチン・イス(アン・ボヒョン)は、ベテラン刑事のイ・ガンヒョン(パク・ジヒョン)と共に事件解決に奔走します。
イスの破天荒な捜査手法は、莫大な財力と人脈を駆使して犯罪者をねじ伏せ、チーム内に新風を吹き込むのです。

キャストのコメント
アン・ボヒョンは、「イスは憎たらしい行動をたくさんするのに憎みきれない、そんなキャラクター。
清涼さとスカッとする爽快さを感じられる」と役どころの魅力を語りました。
外見的な役づくりにもこだわり、「刑事だけど御曹司という設定なので、シャープなボディラインを作るため、有酸素運動をたくさんしました」と明かし、笑いを誘いました。

一方、パク・ジヒョンは、体当たりのアクションに挑戦。
「女性刑事としては少し線が細いと言われたため、7キロほど増量しました。初めてアクションに挑戦するので、アクションスクールにも通ったり、ケンカが強い雰囲気を出すために、表情や振る舞いなどを研究したりして、役に臨みました」と、役づくりに真摯な姿勢を見せました。

期待の監督と制作陣
監督のキム・ジェホンは、「ディズニープラスで配信されてきた刑事ものの痛快さは継承しながらも、勧善懲悪の要素を踏襲しようとはしませんでした。
今作は推理捜査ものであるため、毎回新鮮で多彩なエピソードを見せようと努力しました。
これまで見たことのないキャラクターと、物語を見ることができると思います」と自信を示しています。

最後に
「財閥×刑事」は、全16話で毎週金曜・土曜に2話ずつディズニープラスの「スター」で独占配信されています。
アン・ボヒョンとパク・ジヒョンの共演は、「ユミの細胞たち」以来2度目となり、一新されたケミストリーにも注目です。
本作はスカッとする要素が詰まった作品なので、気楽に楽しんでいただきたいです!
役どころのユニークなキャラクターとドキドキの展開が、新たなディズニープラスの魅力となることでしょう。




<関連する記事>



『財閥×刑事』パク・ジヒョン、刑事役演じるため7キロ増量…過去のスレンダーボディと比較
 女優パク・ジヒョンが23日、ソウル市陽川区木洞のSBS放送センターで行われた新ドラマ『財閥×刑事』(脚本キム・バダ、演出キム・ジェホン)の制作発表会に出席し、7キロほ…
(出典:朝鮮日報日本語版)

【ディズニープラス 1月配信ラインナップ】2024年幕開けを飾るマーベルの最新作! 「異修羅」「SYNDUALITY Noir」など、日本アニメも充実
…第4話) 【配信開始日:1月26日】 ●「財閥×刑事」(第1話) 【配信開始日:1月27日】 ●「財閥×刑事」(第2話) ●「葬送のフリーレン」(第20話)…
(出典:映画.com)

<ツイッターの反応>


jisome🖤💗
@fKawGbDnydLMvtg

え、え、え、アンボョホンの新しいドラマ? 財閥×刑事みたいなの見始めたけど、キーリングjisoo???笑 すいませんこちらが引きずってます🥹 pic.twitter.com/JdqMohu7V4

(出典 @fKawGbDnydLMvtg)

咲田真菜
@writickt24

【韓国ドラマ『財閥×刑事』】あらすじ・キャスト・感想(場面写真あり)#財閥刑事 #アン・ボヒョン #パク・ジヒョン #ディズニープラス writickt.com/7410/

(出典 @writickt24)