【歌手】生涯現役のロッカー 今なおトレンドワードに


葛城 ユキ(かつらぎ ユキ、1949年〈昭和24年〉5月25日 - 2022年〈令和4年〉6月27日)は、日本の歌手。身長167cm。既婚。 ラジオシティレコード(後のアポロン音楽工業→エモーション、現:バンダイナムコアーツ) → テイチクレコード(現:テイチクエンタテインメント)、→
34キロバイト (1,561 語) - 2022年7月14日 (木) 15:33



73歳の現役ロッカーがお亡くなりになって、何日が経つのでしょうか。
ふとトレンドワードを見ると今なお名前が上位に掲載されているではないですか。
普通2・3日で消えていくと思いますが、「葛城ユキ」の名前が上位にランキングされておられます。

確かに私ら世代はよく聴きましたよ。
でも今の人たちはあまり聴かないでしょう?
未だトレンドワードに上がっているのが不思議なくらいです。

ひょっとして私だけが知らないだけかもしれません。
アニソンとかドラマの主題歌でも歌っておられのでしょうか。
それなら少しは納得します。
しかし、最近はあまり出演されているのを聞いた事ないのでわかりません。

でもこれぞ生涯現役という人生を送られたことは間違いありません。
写真を見ても葛城ユキさんが車椅子に乗ってでも歌い続けておられた姿が写真に残ってます。
これぞロック魂ってところです。

あのハスキーでパンチのある声は彼女しか出せません。
2度と生で聴けないのが残念です。

最近のロックミュージシャンに関わらず、短命の方が多いですね。
それだけ音と軽くなっているのかもしれません。
魂を歌にこめて歌う歌手が少なくなった結果だと思います。

葛城ユキさんは「ボヘミアン」1曲を何十年と歌い続けて、評価もされています。
昔の歌手は意外とそういう人が沢山いますね。
たまに出てきては数十年前の曲を歌う。
それでも視聴率を稼ぐし、現役なんですよね。
これからそいう歌手は出て来るのでしょうか。
大概は消えて、芸能界を去っています。
良い歌手が出てきてほしいものです。

葛城ユキさん 天国でも「ボヘミアン」を歌い続けてください。
ご冥福をお祈り申し上げます。



<関連する記事>



「命ある以上、歌いたい」葛城ユキさん最後の舞台 夢グループ・石田重廣社長が明かす
 つい先日届いた、歌手・葛城ユキさん(享年73)の訃報。末期の腹膜がんだった。代表曲『ボヘミアン』など“ロックの女王”として人気を博した彼女の最期は…
(出典:NEWSポストセブン)

高田文夫氏“若い頃から一緒に年をとってきた同世代”の心強さについて語る
 私のこのコラムもラジオも同世代のためにある(そこへ73歳『ボヘミアン』葛城ユキの訃報)。桑田佳祐が同期を集めて曲を出した意味も分かる。佐野元春、Cha…
(出典:NEWSポストセブン)

<関連する画像>



<ツイッターの反応>


スーパーももちゃん・ミスうちゅうかん
@spamomochan

「命ある以上、歌いたい」葛城ユキさん最後の舞台 夢グループ・石田重廣社長が明かす(NEWSポストセブン) https://t.co/VPYAvCihzm

2022-07-19 01:49:38

(出典 @spamomochan)

味がうまい
@ajigaumai

「命ある以上、歌いたい」葛城ユキさん最後の舞台 夢グループ・石田重廣社長が明かす|NEWSポストセブン https://t.co/bVDWk9IttU #NEWSポストセブン

2022-07-19 01:11:09

(出典 @ajigaumai)